求人広告に記載されている条件

勤務時間

自分の生活にあわせて出社時間をきめることも可能です。

求人広告には就業規則にそった休日休暇が表示されていますが、部署や職種によっては実際の運用と異なる場合もあるので、 念のため確認しておくと良いでしょう。勤務時間も基本的には求人広告の通りですが、実際の現場とは異なる場合もあります。

リクルートの中途採用向け求人サイト『リクナビNEXT』の料金(掲載料)や特徴
事業と組織をリードする意欲的な人材が採用できるリクナビNEXTに掲載する
http://www.314-next.net/

フレックスタイムとは、最長1ヵ月間の総所定労働時間の枠内で、始業時刻と終業時刻を労働者が自由に選択できる制度です。 朝早く出社してその分早めに帰宅するか、遅めの出社で遅くまで仕事をするか、労働者が選ぶことが出来ます。 始業・終業時刻を労働者にゆだねる旨を規定することと、1日の労働時間、コアタイムや フレキシブルタイムを設ける場合はその開始・終了時刻も定めなければなりません。この必要項目を踏まえて勤務時間を確認しましょう。

裁量労働制とは業務遂行の方法を労働者の裁量にゆだねることで具体的に労働時間を算出せず、業務遂行すれば一定時間の労働をしたとみなすという制度です。 裁量労働制の対象となるのはその業務の遂行には大幅に労働者にゆだねる必要があると判断されるもので、研究開発などになります。 業務以外のみなし労働時間制、具体的な指揮監督が及ばない業務なども該当します。