求人広告に記載されている条件

資格・賞与など

年齢制限に引っかかるといって諦めることはありません。

特に経験や資格を問わない求人の中には年齢制限を設けているものもありますが、この年齢は一応の目安と考えてよいでしょう。 30歳までと表記されていても実際には33歳で採用されることもありますので、年齢制限に合わないからといって諦めないで、面接でやる気をみせる姿勢も大事でしょう。 ですが社員構成などから年齢の条件が厳しくなるケースもあります。

応募条件でスキルを要求している場合、中途採用の募集では即戦力となることが期待されるので、 応募資格に経験者などといった表記をしている場合も増えています。経験者という条件ではかなり広い幅を持っているので、その他の実務経験やスキル、 面接でのアピール次第で採用に近づけるでしょう。

待遇面では、昇給・賞与・各種手当、退職金、交通費、社会保険などもチェックしましょう。 賞与とは支給される回数や時期、金額は法で決められているものではありません。ですので企業によってその制度は様々となります。 賞与が○ヵ月分と表記されている場合、月給の明細によって算定金額は変わります。月給となる基本給+諸手当の、基本給の金額の○ヵ月と考えておきましょう。 毎月の給与額の○ヵ月がもらえるとは限りません。そして毎年の業績によって変動するものですので、 過去の実績通りに支給されるとも限らないことを十分理解しておきましょう。